刑事事件弁護士は冤罪事件の相談もお受けします。

刑事事件で冤罪を回避するために刑事事件弁護士にご依頼下さい

冤罪はどんな時でも発生する可能性があります

何か事件が発生すると、捜査当局の捜査を通じて、容疑者が特定されます。
その後は、この容疑者に的を絞って事件の真相解明が進められることになるのですが、捜査当局も万能ではありません。
そのため、真犯人と容疑者が、必ずしも一致するとは限らないのです。

冤罪は起こる。問題はその後だ

一方で、容疑者の特定には、それなりに具体的な証拠資料が調えられているので、捜査当局としては、その容疑者に対して、真犯人としての、強い蓋然性を抱くのはやむを得ません。
そのため、図らずも、真犯人以外の方を事件と結び付けてしまい、冤罪を生じることは、完全に避けることは出来ないのです。

刑事事件に強い弁護士は冤罪事件と闘います

悩む男女のカップル証拠資料に関して、物的証拠としてそろえられている場合には、その信憑性を覆すことは容易ではありません。
しかし、真犯人ではない以上、証拠と容疑者との結びつきは弱く、実際には供述証拠などで補完することが少なくありません。
いわゆる自白です。

安易な自白を誘導される前に御相談下さい。

自白については、その取得過程について問題点が指摘されていますが、基本的には、容疑者本人が納得して供述しない限り、証拠として採用することは出来ません。
そこで、安易に捜査当局の誘導に従わないことが重要なのですが、刑事事件の容疑者として逮捕され、身体を拘束されている状態で、捜査の専門家と渡り合うことは簡単ではありません。
そこで必ず刑事事件弁護士に御相談いただきたいのです。

刑事事件に強い弁護士があなたを冤罪から救います

容疑者とされる方のほとんどは、法律の専門家ではないので、捜査の専門家と有効に渡り合うためには、弁護士などの法律の専門家に依頼することが重要となります。
逮捕されて、身体を拘束されていても、弁護士に依頼することは、すべての人に認められた権利です。
そこで、出来るだけ捜査の初期の段階で、弁護士などから助言を受けて、不利な供述をしないようにすることが大切なのです。

新しい刑事事件レポート

  • tatibanasi220

    刑事事件における有罪と刑事事件弁護士ができること

    起訴されると有罪になる確率は99% 日本では刑事事件で起訴された被告人が有罪になる率は99.9%と極めて高くな …

    続きを読む...

  • ayamaru220

    刑事事件が不起訴になるのは2つの場合

    裁判所が不起訴にするのはどういうケースか? 傷害事件や痴漢などの事件が発生した場合において、裁判にまで発展した …

    続きを読む...

  • siteki220

    傷害行為が刑事事件として処理されるケースとは?

    傷害罪と暴行罪の違い 誰かに暴力を振るい怪我を負わせてしまった場合は、傷害罪として裁かれることになっています。 …

    続きを読む...

  • mouyada220

    刑事事件として詐欺を訴える手筈

    詐欺罪に問われる犯罪者が増えています 詐欺罪とは、簡単に言ってしまえば人を騙すことで損失を与える犯罪です。 具 …

    続きを読む...